スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
キャロウェイXフォージドウェッジ バンス削り
- 2008/12/21(Sun) -


Q:
キャロウェイXフォージドウェッジ50度と56度を持っていますがどうもバンス度の厚みが気になります。実際コースでもよくザックリがでます。そこでソールを削って頂きたいのですが、あまり詳しい事がわかりません。この前に友人のタイトリストボーケイス
ピンミルドを借りたのですがすごく良かったので、できれば同じぐらいのバンス度に仕上げて頂けないものかとメールさせて頂きました。





A:
キャロウェイXフォージドウェッジ50度(バンス11度)、56度(バンス13度)
50度→6度、56度→10度にバンスを落し、開いてもバンスが当たらないように削れば(バンスが先に当たる為)ダフりません。
但し、削った分ヘッドが軽くなります。軽くなった分は鉛テープで補います。 


   




    
 

ご質問メールはこちら




スポンサーサイト
この記事のURL | 研磨 | CM(0) | ▲ top
クリーブランド CG12 DSGのバンス研磨
- 2008/08/07(Thu) -

Q:
クリーブランド CG12 DSGの54°を使用しています。距離感の合う54°を選びましたが、時々トップになります。左下がりのライでは常にトップが出ます。バンスは何度まで削れるかを、教えて下さい。

A:
0度まで削れます。
> 左下がりのライでは常にトップ 
このようなケースは、まずトゥ・バンス・ヒールを均等量研磨し、フェースを開いても、バンスのでないように、さらにトゥ側を削りなおします。(ここがポイントです)
6~8度、削ればトップしないと思います。




スリクソンWR:  http://reshafttsuushin.blog104.fc2.com/blog-entry-211.html



   
メールはこちら   




87b.jpg  
ダンロップ スリクソン Zスチール と マッハライン プロ80FW(X) のスペックをご覧ください。 








この記事のURL | 研磨 | CM(0) | ▲ top
エポンゴルフ208KGXのバンス研磨
- 2008/06/18(Wed) -

Q:
エポン208KGXの52度58度(ビンテージ)を使っていますが、グリーン回りの芝の薄いところでのアプローチで、よくトップします。自分の腕を棚に上げてクラブのせいにしたくないんですが、バンスが先にあたってトップする感じがするのです。52度バンス12を6から8バンスにして欲しいのです。可能でしょうか。


A:
ビンテージモデルはメッキ仕上げでなく錆はでます。しかし、メッキでないため、バンスを削っても見た目は変わりません。バンス6度にすると、バランスは2ポイント落ちます。不足重量は鉛テープで調整します。



参考: http://clubmeister.blog4.fc2.com/blog-entry-8.html

    http://reshafttsuushin.blog104.fc2.com/blog-entry-116.html





X07.jpg

ダンロップスリクソンZR600とランバックス5X07のスペックをご覧ください。




 

この記事のURL | 研磨 | CM(0) | ▲ top
バンス研磨(バンス落し・バンス削り)
- 2008/06/07(Sat) -


Q:
キャロウェイXツアーウェッジ 52°/ 11°と 56°/ 13°を使っています。
芝の薄いところでのアプローチでトップ、よくダフります。いままで自分の腕が悪いからミスをするのだろうと思っていました。所属コースのHC2の方にアプローチを教えて貰おうとお願いすると、ウェッジのバンスが多いと芝の薄いとこでは、先にバンスがあたり、跳ねてトップ、ダフりぎみになりやすいのでバンスを削った方が良いと言われました。そこで相談なのですが、52°を8°バンス、56°を10°バンスにしてほしいのですが出来ますでしょうか。費用も教えてください。

A:
バンスを削るとヘッドが軽くなるので、足らない分は鉛テープを貼り調整します。
費用は1本1500円です。
ハイバンスウェッジは、芝の生え揃っているところでの使用を想定して、つくられています。パウダーバンカーで使用する時、大きめのバンスの方が球は出やすいです。
SWはアプローチ用(ローバンス)とソフトバンカー用(ハイバンス)、2本持っておられるほうが良いと思います。



ちょっと考えてみてください:http://reshafttsuushin.blog104.fc2.com/blog-entry-205.html

 


   


proto7061.jpg   マッハラインプロト7061とエポンEMBスペック例をご覧下さい。
     
      ココポチです
この記事のURL | 研磨 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。